「川上哲治氏と野球道」2013年11月【No.125】

南禅寺の境外塔頭である光雲寺では再三申しあげている通り、南禅寺本山からの委託で「南禅寺禅センター」の看板を掲げて、多くの坐禅希望団体を受け容れている。もとより小中高の修学旅行生が一番多いのであるが、一般成人の参加者もよく […]

「僧堂の現状を憂う」2013年10月【No.124】

わが光雲寺は、南禅寺本山よりの委託を受けて「南禅寺禅センター」として年間一万三千人以上の坐禅研修者を受け容れている。小中高の修学旅行生が一番多いが、大学生や一般企業などの研修もよく依頼される。そしてその数は年々増加の一途 […]

「現代医療の問題点」2013年9月【No.123】

最近よく有名人でガンになった人のことが話題に上る。歌舞伎役者の大御所である市川団十郎や中村勘三郎が闘病の果てに逝き、いままた坂東三津五郎が、歌舞伎座の夏の風物詩「八月納涼歌舞伎」の最後の演目「棒しばり」で親友の息子である […]

動中の工夫 2013年8月【No.122】

盛夏の昨今は雑草がよく伸びて、早朝から草引きに勤(いそ)しんでいる毎日である。檀家さんたちの大切なご先祖をお祀りした墓地以外に、前庭・中庭・畑と順々に除草していても、雑草の伸びるのは驚くほど早い。しかし伽藍を清浄に保つの […]

禅の「無の境地」に対する誤解について2013年7月【No.121】

先月の中旬くらいのことである。たまたまつけたBSプレミアムの「英雄たちの選択」という番組で、「勝海舟の秘策 江戸城無血開城への道」ということをテーマにして放映していた。以前から関心のあるテーマでもあったのでしばらく見てい […]

「禅修行のすすめ」2013年6月【No.120】

この光雲寺では再三申しあげている通り、南禅寺本山からの委託で「南禅寺禅センター」の看板を掲げて、多くの坐禅希望団体を受け容れている。もとより修学旅行生が一番多いのであるが、年々増加の一途をたどり、遂に先月にはこれまでで最 […]

「坐禅工夫」2013年5月【No.119】

坐禅を志す人はかなりの数に上るであろう。この光雲寺では南禅寺本山からの依頼を受けて「南禅寺禅センター」の看板を掲げて、年間一万三千人以上の坐禅希望者を受け容れている。それ以外に、午後8時から9時までの毎土曜の夜坐禅と、第 […]

「薫風、南より来たる」2013年4月【No.118】

よく禅僧の茶掛けなどに見られる句に「薫風自南来、殿閣生微涼」(薫風、南より来たり、殿閣、微涼を生ず)という有名な句がある。春から初夏の光景と思われるが、この対句はもともと唐代の文宗皇帝が作った起承の二句である「人皆苦炎熱 […]

「対大己法」2013年3月【No.117】

小衲がまだ出家する以前、京都近郊の長岡禅塾という学生禅道場で修行中、森本省念老師から提唱の際に道元禅師の「対大己法」について伺ったことを折に触れて思い出すことがある。 「大己」というのは自分よりも先達であり、徳の勝れた人 […]

「宮本常一の業績」2013年2月【No.116】

皆さんは宮本常一(つねいち、明治40年ー昭和56年、1907—1981)の名前をご存知だろうか。山口県の周防大島出身の民俗学者である。その著作『忘れられた日本人』が岩波文庫百選に入っているので、読まれた方も多いであろう。 […]

「旧年の回顧と新年の抱負」(月刊コラム【No.115】2013年1月)

新年明けましておめでとうございます。昨年は一昨年の東北大震災のような大惨事はなかったが、東北大震災の復旧は遅々として進んでおらず、原発事故による放射能の拡散は想像以上に深刻な状況のようである。一刻も早い対処が望まれる。そ […]

「臘八大摂心」(月刊コラム【No.114】2012年12月)

12月1日から8日の早朝(鶏鳴)に至るまで、釈尊が明けの明星を見て大悟された芳躅を慕い、臨済宗の各専門道場では不眠不休で坐禅三昧の日々が続く。仏祖に劣らぬ悟りを開くべく命がけの骨折りをするのである。曹洞宗でも臘八大摂心は […]

「仏光国師の大歓喜」(月刊コラム【No.113】2012年11月)

去る十月十二日の開山大明国師毎月忌のあとで、南禅寺本山の山門前で「佛光南院柏槙(びゃくしん)」の植樹が行われた。 南禅寺の創建開山である南院国師の七百年大遠諱が四月に厳修されたが、その大遠諱中に四千人以上の檀信徒に授戒を […]

「南禅寺禅センターの坐禅研修」(月刊コラム【No.112】2012年10月)

光雲寺では大本山南禅寺からの委託を受け「南禅寺禅センター」という看板を掲げて一年中坐禅研修希望の団体を受け容れている。別に毎土曜日(夜8:00より9:00)の夜坐禅と第二第三日曜日の坐禅(午前8:30より午後2:30)を […]

「お厨子と本尊の洗浄修復」(月刊コラム【No.111】2012年9月)

本年七月二十八日(土)より九月二十三日(日)までの間、東京の両国にある「江戸東京博物館」にて京都市や読売新聞の協賛で「二条城展」が開催されている。先般、二条城より是非とも光雲寺所蔵の東福門院尊像と仏舎利塔を出展して頂けな […]

「夏日の法悦」(月刊コラム【No.110】2012年8月)

連日の猛暑が続いている。こんな炎天下でも外で働らかざるを得ない人々はさぞかし大変であろうと拝察する。まことにご苦労様である。この光雲寺では「南禅寺禅センター」として毎月大勢の坐禅を実施しており、例年なら暑い七,八月は極端 […]

「禅の機鋒」(月刊コラム【No.109】2012年7月)

江戸時代から昭和初期までの禅僧の行状を述べた基本的典籍として、漢文体で書かれた『近世禪林僧寶傳』(全三巻)がある。これは第一巻を相国寺の明治時代の名僧であった退耕庵独園(どくおん)老師が、引き続き第二巻目以降の『續禪林僧 […]

「臨機応変」(月刊コラム【No.108】2012年6月)

光雲寺では諸般の事情により以前には最大8名いた人員が現在は2名まで激減している。そのため特に修学旅行生の坐禅研修の多い5月、6月を迎えて、一人の肩に掛かる負担が増えて多忙になったのは確かである。ひと月に二千人を超え、多い […]

「小沢氏無罪判決」(月刊コラム【No.107】2012年5月)

先月は禅や仏法から少し離れて「台湾と日本精神」について愚見を述べさせて頂いたが、今月のコラムも、世間の耳目をひいた小沢一郎氏の裁判について思うところをお伝えしたい。 「陸山会」の土地取引をめぐり検察が総力を挙げて捜査した […]

「台湾と日本精神」(月刊コラム【No.106】2012年4月)

先頃ある僧堂の老師からの勧めで台湾に行く機会があった。老師には台湾人の僧侶の案内で行くようにご紹介を頂いたのであるが、多忙な相手に迷惑を掛けるのは心苦しく思い、ちょうど格安の台北旅行の広告を見たのをこれ幸いに申し込んだの […]

楽道庵住職ブログ

facebook

臨済宗大本山南禅寺

× 閉じる